憧れの別荘生活について、興味を抱いてもらおうというサイトです。

「憧れの!別荘暮らし.com」 MAIN
「憧れの!別荘暮らし.com」 HOME 「憧れの!別荘暮らし.com」 別荘 「憧れの!別荘暮らし.com」 ログハウス 「憧れの!別荘暮らし.com」 不動産 「憧れの!別荘暮らし.com」 LINK

別荘地の選び方

別荘地の選び方
別荘地にはいろいろなタイプがあります。
日本エリアや価格だけじゃない別荘地の分類があります。
賃貸物件も色々なタイプがあります。
日本にある別荘地を「開発手法別」「開発事業体別」「成熟度別」「権利関係別」という4つの柱を立てて分類します。
それらを各タイプの特徴を簡単にまとめたのが下記になります。
これらの条件が違うと別荘地の環境も大分異なることを確認するとともに、あなたの理想とする別荘地のタイプを再確認することが大事です。
また、これら要点の柱を重ね合わせることにより、あなたにとって理想的な別荘地の姿をもう少し詳しく浮かび上がらせることもできます。
例えば、落ち着いた環境の中での文化的かつ癒しを含んだリゾートライフが送りたいなら、「純別荘地型」で「成熟期」にある別荘地の中に、ぴったりの別荘地が見つかる可能性が高いはずです。
また、高校生や大学生の子どもがいる人ならば「複合リゾート型」で「発展期」「成熟期」の別荘地が適しているでしょう。もし、リタイアして定住するなら「純別荘地型」で「大手不動産会社系」や、もしくは「リゾート専門会社系」で、なおかつ「発展期」以降の別荘地がお勧めです。
別荘地の歴史や環境の維持などは表面的な広告ではわかりません。また別荘地ごとに紙面には表れてこない魅力もありますから、実際に現地で確認することをオススメいたします。ただ、この分類を意識して見学すれば極端な選択を誤ることはないと思っています。

 

 開発手法でみる

開発手法により変わるのは主に別荘地の環境です。これによる別荘地に付属する共有施設や街並み、景観、自然環境がおおよそ決まってきます。

 

 開発事業体でみる

開発事業体の違いからは別荘地の歴史の古さや管理体制の充実度、土地の権利関係、土地の価格の違いがある程度判断できる重要なポイントです。

 

 成熟度でみる

成熟度の違いでわかるのは管理サービスの充実度、コミュニティーの発達度、街並みの景観、そして別荘地の活気などであり、自身の生活環境を大きく考慮したいポイントです。

 

 

 権利関係でみる

別荘を権利関係でみると権利関係別では所有権と借地権に分かれるが、どちらが安いかは、それぞれの価格に毎年の借地料×利用年数を加えて比較するとわかりやすいです。


 

立地条件は使い勝手を決める大切な要素

3時間圏なら毎週末でも使いたくなる気軽さ

別荘の利用しやすさポイントは、自宅からのアクセス時間に非常に大きく左右されます。仮に、東京近郊ならその目安は2~3時間以内だといいでしょう。負担を感じないで通える利便性と自然環境のバランスがとれています。別荘の購入当初は多少時間がかかっても気にならないものですが、長く楽しむにはこの程度の距離感が妥当な線でしょう。東京から離れるほど、一般に自然の豊かさと非日常性がより高まり、価格も下がりますが、それにともない滞在できる時間も短くなります。これらは別荘周辺の除草や室内清掃などの管理サービスが重要になってきます。また、逆に2時間以内の立地にも自然豊かな息づく秩父や河口湖のような場所もあ人気があります。

市場とDIYセンターはリゾートライフを楽しくする

別荘地周辺にある店舗や施設は自身や家族、友人のリゾートライフの楽しみや快適さを高める要素です。なかでも大工道具や住宅設備関連製品、園芸関係用品を幅広く品ぞろえしたDIYセンターは人気が高く、ガーデニングや菜園を楽しんだり、別荘の修理や日曜木工の材料などを入手するのに非常に便利です。また、地元の生鮮食料品が手に入る市場や大型スーパー、生協、農協も近くに欲しい施設の一つです。人が集まる観光地には魅力的な食の店も多いのですが、外食ばかりではせっかくの別荘ライフの食の楽しみを自ら半分放棄するようなものであり、もったいない感じがします。また、そこに定住するなら近郊に総合病院や役場、あるいは学校も車で10分程度の距離に是非欲しい施設です。

癒しの水と温もりの温泉が別荘地の魅力を高めてくれる

リゾートライフの魅力としては、まず水のおいしさを筆頭に挙げる人が意外に多くいらっしゃいます。実際に山の別荘地にはいわゆる名水の水源に近い立地が珍しくなく、村営水道でもうまさに感激させられることが多々あります。水が美味しい場所は全般に自然が豊かで清浄ですから、水だけで購入を決めても環境面では間違いないとも言えます。でもあまりそこにだけ重点を置くのも良くはないのでバランスを見て考慮しましょう。また、名湯を自宅で楽しむのもリゾートライフの王道、別荘ならではの醍醐味だと思います。注意点としては、温泉は場所が少しずれるだけでも泉質が大きく変わることもあるので、泉質にこだわって別荘地を選ぶのも楽しいものかもしれませんね。また、コスト面では温泉権利金の金額や使用料金の規定をよく確認しておくといいでしょう。

Valuable information

2014/10/2 更新

別荘の選び方PART2

免責事項
当管理人は、本サービスの各種情報の提供、遅滞、変更、中止、停止、もしくは廃止、その他にて発信されている情報などに関連して発生したお客様、または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。また、本サービスのご利用は、全てお客様の責任において行われるものとします。
当管理人は当管理人サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等については、一切の責任を負わないものとします。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが 掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用下さい。
「憧れの!別荘暮らし.com」が紹介しているウェブサイトやなどの情報は、その内容について一切の保証を致しかねます。
また「憧れの!別荘暮らし.com」の閲覧、情報の利用はすべて自己責任でお願いします。