憧れの別荘生活について、興味を抱いてもらおうというサイトです。

「憧れの!別荘暮らし.com」 MAIN
「憧れの!別荘暮らし.com」 HOME 「憧れの!別荘暮らし.com」 別荘 「憧れの!別荘暮らし.com」 ログハウス 「憧れの!別荘暮らし.com」 不動産 「憧れの!別荘暮らし.com」 LINK

不動産とは

不動産とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかに言うと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともあります。また、英米法系の民事法における物的財産に近似する概念でもあり、その訳語としても用いられることも多いとされています。当、日本法においては土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(これは比較法的には珍しい。)。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産となされています。

および、本来は不動産ではないのですが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとし船舶、航空機、鉱業権などがあります。
仙台の賃貸を貸してくれるところも不動産屋さんですよね。賃貸を借りるときは、不動産屋さんに問い合わせると思います。仙台に限らず、賃貸を借りるときは不動産屋さんが一番詳しかったり物件を持っているので頼りになりますね。


民法上で定める不動産
民法上で定める不動産とは、土地及びその定着物を言う。また、不動産以外の物は全て動産である。 不動産はその移動が容易でなく、かつ財産として高価であるため、動産とは別個の規制に服します

当、日本の民法においては土地上の建物は土地と別個の不動産として扱われます。このために、土地を売買契約によって譲り受けた際でも、買主は土地の上にある建物の所有権を当然には取得できませんし、土地に抵当権を設定しても抵当権者は建物に対する抵当権を当然には取得できません。また、 民法は不動産に公示の原則の考え方を採っており、所有権を取得しても登記が無ければ第三者に対しての所有権を対抗できないとしています。
登記法では建物である為には、屋根や壁で遮断されていて、なおかつ建物としての用途に供しうること、土地に定着していることが求められます。
そのため建築中の建物は屋根や壁が作られた段階であり、動産である建築資材から不動産である建物へと法的な扱いが変わります。但し、自動車等で牽引する移動式の建物等は、不動産ではなく、動産(どうさん)に含まれると定義されています。
ふすまや障子、畳、並びに未登記の立木などは動産であり、建物とは別個の財産であります。しかし、これらの動産は不動産に付属する従物とし、建物とは別に扱うとする特約が無い限りには、建物所有権の移転、建物に対する抵当権の設定などの効果を受けます。

 

不動産業
土地や建物の売買、売買・賃貸仲介、分譲・賃貸などの取引を行う事業を不動産業(不動産屋)と言い、不動産開発業者、不動産仲介業者、不動産鑑定業者などに区分されます。これらは総称して不動産会社と呼ばれ、大手の旧財閥系や鉄道事業者、個人経営による業者まで数多く存在しています。
元来、不動産屋というのは昔から「千三屋(せんみつや)」と言われ、「千に三つのことしか本当のことを言わない」と言われるほど、言っていることが当てにならないことが多いとされています。 現在では「千回営業して三回成果が上がる」と言われ、それ程営業が難しい意味での営業用語の一つとなっています。

recommend

最終更新日:2014/10/2

免責事項
当管理人は、本サービスの各種情報の提供、遅滞、変更、中止、停止、もしくは廃止、その他にて発信されている情報などに関連して発生したお客様、または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。また、本サービスのご利用は、全てお客様の責任において行われるものとします。
当管理人は当管理人サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等については、一切の責任を負わないものとします。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが 掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用下さい。
「憧れの!別荘暮らし.com」が紹介しているウェブサイトやなどの情報は、その内容について一切の保証を致しかねます。
また「憧れの!別荘暮らし.com」の閲覧、情報の利用はすべて自己責任でお願いします。