憧れの別荘生活について、興味を抱いてもらおうというサイトです。

「憧れの!別荘暮らし.com」 MAIN
「憧れの!別荘暮らし.com」 HOME 「憧れの!別荘暮らし.com」 別荘 「憧れの!別荘暮らし.com」 ログハウス 「憧れの!別荘暮らし.com」 不動産 「憧れの!別荘暮らし.com」 LINK

別荘とは

別荘とは、一般的に普段生活している住まいとは別に、避暑・避寒・休養などの目的で自分自身の気候や風景の良い土地、温泉地などにつくられた一戸建ての家です。または集合住宅の形をとる場合はリゾートマンションと呼ばれることが多いです。別荘と言えばログハウスをイメージしますよね。夏の避暑地にあるログハウスでゆっくり過ごすなんて素敵です。ログハウスは夏だけでなく、冬も暖炉で暖まると雰囲気が出ますよね~皆さん、ログハウスの別荘が欲しくなってしまったのではないでしょうか?

別荘の概要
古くから、日本では別業とも呼ばれており、天皇や貴族の邸宅を都の郊外の風光明媚な地に別業(天皇の場合は離宮)を置く例があったそうです。
また、平安京(京都)では嵯峨・白河・宇治周辺などが別荘地としては有名でした。現在はそのほとんどは失われてしまったのですが、平等院や大覚寺のように別業・離宮の一部に由来する寺院が存在しているところもあります。
尚、現在では軽井沢・那須・清里周辺などの別荘地が有名です。
バブル景気の際には本来の利用目的ではなく投資・投機目的をうたって各地で開発・分譲されたものもありながらも、バブル崩壊とともに売却されたり、放置されて今となっては廃屋となったりしている物件も多々見られます。

別荘の問題点

問題点としては、一般的には別荘には常時滞在するわけではなく、長期間不在とするため建物の管理上の問題が発生しやすいとされています。
(例:自然災害の風水害による窓ガラスや屋根の破損、凍結による水道管の破裂等)
また、別荘の転売はまだ市場が未成熟の上、人気地(同じ軽井沢でも場所によって雲泥の差がある程です)以外はほぼ不可能に近いため資産価値は望めないと考えられています。
また、一般の住宅同様に固定資産税や公共料金等の維持費がかかるほかにも、住民票を置いていない所であっても別荘を所在する市区町村から住民税の均等割も課税されます。

別荘利用者と自治体や地元一般住民と公共料金の負担を巡って対立するのがこのケースです。別荘の使用が盛んなシーズンとそうでないシーズンの間には、水道などの社会資本の需要に大きな格差が生じ、地元の自治体は必要な需要を賄うべく前者にあわせた規模の整備を行わなければなりません。だがしかし、それは地元の自治体に居住している人口規模に対して過剰にならざるを得ず、通常はそこまでの需要を必要としない地元一般住民の間には負担過重を訴えて過剰分を別荘利用者に転嫁すべきだと言う声もあります。
例えば、清里のある北杜市では別荘利用者に対してのみ水道料金を1998年に3倍以上に引き上げているケースもあります。

Favorite

Last update:2014/10/2

別荘地の選び方

免責事項
当管理人は、本サービスの各種情報の提供、遅滞、変更、中止、停止、もしくは廃止、その他にて発信されている情報などに関連して発生したお客様、または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。また、本サービスのご利用は、全てお客様の責任において行われるものとします。
当管理人は当管理人サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等については、一切の責任を負わないものとします。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが 掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用下さい。
「憧れの!別荘暮らし.com」が紹介しているウェブサイトやなどの情報は、その内容について一切の保証を致しかねます。
また「憧れの!別荘暮らし.com」の閲覧、情報の利用はすべて自己責任でお願いします。